台風対策家を被害から守る方法、未然に防ぐ為の注意点とは

まずは、当サイトを御覧いただきありがとうございます。
夏から秋にかけて台風が発生しやすくなっています。台風対策はお済みですか?
天気予報で台風が来ることは事前にわかりますので、台風対策をしてみませんか

今回のテーマ
◯台風対策で出来ること
◯台風被害の種類
◯台風が多い季節

スポンサーリンク

◯台風対策で出来ること

台風と言えばまずは強風が想定出来ます。
ご自宅の周りで風で飛ばされそうな物はありませんか?
イメージ出来るのはバケツ等の容器系ですが、植木鉢やプランターも煽られて倒れる事も少なくありません。
他にも自転車や自動車のタイヤ、固定されていない倉庫、雨樋等日頃は気にしない物でも、強風に備えて一度見て下さい。
物干し竿は空気の抵抗を受けにくいですが一応外しておきましょう。
飛ばされなくてもホコリまみれになりますのでそういった点でも外しておく良いでしょう。

自宅前でコロコロしているだけなら良いですが、飛ばされて近所の家や車を破損させた場合に管理責任を問われ損害賠償になってしまうことも考えられます。

家の中に収まるものであれば家に入れましょう。
自転車等は事前に倒して置くのも有効的です。

屋外コンセントで差込口のカバーが無い場合には100均に売っているような、ホコリ防止の蓋をつけておくとホコリや水の侵入を防ぎます。(こちらは日頃から取り付けておくことをおすすめします)

台風の影響は屋外だけとは限りません。

室内では停電を想定し、懐中電灯の準備、念のためお風呂に水を張っておくことで復旧までの最低限の対応はできます。
他にもご飯を事前に炊いておいたり、携帯電話等の充電をしておくというのも簡単に出来ます。

一般的にそれほどお金を掛けずに出来る対策は以上です。
当然ながら常に屋内というわけでは無いでしょうが
が、台風の規模によっては以下の点も気をつけて下さい。

窓の破損に注意
飛散防止用にフィルムを貼ったり、ガムテープで目張りするなど、風だけではなく風で物が飛んできて割れることも想定されますので、特に道路に面している等、風が吹きつけるような場合は対策を考えてみるのも必要です。

豪雨に対して
豪雨により河川の反乱に対応し、土嚢袋に土を詰めておきましょう。
台風が去った後の処分を考えるとなかなか手は出せませんが屋内への浸水を考えた場合に、台風の規模によっては必要かと思います。

食料品の備蓄
こちらも規模には寄りますが、飲料水やカセット型のガスコンロ及び数日分の食材の確保も念頭においておきましょう。
何日分もというのは大規模な場合かも知れませんが台風情報が出たら買い物を済ませておくだけでも違います。

スポンサーリンク

◯台風被害の種類

台風による被害としては大きく見て、大雨、洪水、暴風、高潮が上げられますが、二次災害としては停電、火事、土砂災害等も考えられます。
これらは山に近い、海、河川に近い等、立地条件も関係してきます。

何事も起こらなければ良いのですが、天災はいつどうなるかわからないものです、日頃からハザードマップを確認し、地域の特性を理解しておくことも被害を拡大させない事へと繋がります。

台風に限ったことではありませんが、避難場所は地域ごとに違いますのでこちらも確認しておきましょう。

◯台風が多い季節

台風の発生件数は何月が多いのでしょう?
気象庁の発表では年によって異なりますが7月から10月が多いようです
上陸数でいうともっと減りますがかなり発生していますね

ちょっとした対策をするにしても夏前がいいのかも知れませんね
雨樋等の修理でも夏のほうが業者も作業しやすいですからね

今回のまとめ

今回はこのテーマで書かせて頂きました
◯台風対策で出来ること
◯台風被害の種類
◯台風が多い季節

台風は年間通して何度も発生していますので、瞬間風速70mになれば、備えていても被害は出てしまいますが
小型の台風であれば日頃の備えで十分に被害を回避出来ますので、試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ブログ村パーツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。