妊娠中の妻へのプレゼントおすすめ妻が本当に欲しいものは?

まずは、当サイトを御覧いただきありがとうございます。
妊娠中の奥さんへのプレゼント選びは本当に悩みますよね
悩むということは、相手に喜んでもらいたいと強く望まれているのだと思います。
そんな方のプレゼント選びのヒントになれば幸いです。


今回のテーマ
◯妊娠中の妻を理解
◯妊娠中のプレゼントおすすめ
◯妊娠中プレゼントの注意点

スポンサーリンク

◯妊娠中の妻を理解

妊婦中は出産に近づけば近づく程色々なことが制限されてしまいます。
食べ物、飲み物、行動全てお腹の赤ちゃんの為とはいえ、今までOKな事が急にNGになってしまうのです。
それぞれについて考えてみましょう

食べ物

つわりの影響で食べられなくなったり、匂いに敏感になり、食べられなくなる物もあります。妊娠初期はホルモンバランスが崩れることにより、肌荒れ、免疫力の低下により刺激物(辛い物等)で胃が荒れやすくなることもあります。
免疫力は人それぞれですので、適度に摂取することは良いとされています。
刺激物以外にも塩分の取り過ぎは妊娠中毒症へ繋がりますのでこちらも気をつけなければなりません。
駄目な物はもありますが逆に取った方が良い物もあります。
厚労省も推奨していますが葉酸とう成分です。(病院からもすすめられます)
サプリもありますし、果物にも含まれています。
プレゼントでは無いですが外食の店選びや、仕事帰り、訪問時にお土産でもと考える場合そういった事も配慮してあげたら喜ばれますね。

飲み物

妊娠中はアルコール、カフェイン、一部のハーブティー、糖分の多い物は基本NGとなっています。 アルコールは単純に理解できると思いますがカフェインは取りすぎると色々な副作用があり、体内に残りやすく、よって赤ちゃんへと届いてしまいます大人にとっては少量でも胎児にとっては多量となり影響がでてしまうと言われております。なので取らなくて済むのであればその方が良いです。
ハーブはリラックス効果があるので良いと思われている方も多いのでは無いでしょうか?
ハーブに含まれている一部の成分は子宮刺激物で収縮させてしまう物がありますので、わからない場合は辞めておきましょう。
糖分については、太りやすくなる事と、妊婦は血糖値が下がりにくいことから取り過ぎには注意という事です。水分補給に最適なスポーツドリンク、さっぱりしたい柑橘系のジュースこういったものにも想像以上に糖分は含まれております。1日コップ1杯程度しておきましょう。
水分補給は主に水(軟水)、麦茶(はと麦はNG)となっています
妊婦に冷えは禁物なので、冷たい物も控えなければないませんので、生姜湯等体を温めたりつわりを和らげる物もありますのでそういったものは喜ばれると思います。

行動

激しい運動はもちろんですが、重たいものを持ったり高いところから物を下ろすという運動も控えなければなりません(お腹に無駄に力を掛けてしまうから)、他にもお風呂はぬるま湯が良かったり、体を洗うにしても肌が敏感になるので手洗いや柔らかい布でこするなど、注意することが沢山あります。
太り過ぎては駄目なので(難産になる可能性がある)日常生活や軽いウォーキング等で適度に体を動かすことは必要です。代謝を高め体を温めることへも繋がります。
※お風呂は特に注意しましょう。お風呂に入るだけで血圧の変化があり、普通にしていても滑って体制を崩すことあります。できればお風呂に入る時は1人にさせないで近くの部屋に居てあげて下さい。

このように、妊娠中は初期、後期にもよりますが色々なことが制限され色々なことを注意しなければなりません。
妊娠中はイライラもしますので(妊娠中じゃなくてもするけど)、周りの人が理解し母体にとってより良い環境にしてあげましょう。

ここまで理解すると、こういうものが良いのかなとか、これは駄目だなというのが想像出来るのではないでしょうか?

スポンサーリンク

◯妊娠中のプレゼントおすすめ

これからご紹介しますが、おすすめ順というわけではありません その人によっておすすめって違いますので例としていくつかあげてみます。 奥様の今の状態(時期)に合わせて想像してみて下さい。

1つ目はブランケット
妊婦の敵の冷えですので、お腹や、膝にかけてお使いいただけます。
場合によっては敷いても良いですし、丸待てクッション代わりにすることも出来ますので、一つはもって置きたいアイテムの一つですね

2つ目は腹巻き
こちらも冷え対策です。
冬になるとヒートテックの物も多く並んでいます、選び方ですがお腹がどんどん大きくなるので、大きめの物を選んだり、場合によって男性用の物を選んでも良いと思います。(男性用意外に使えます)
腹巻きは冷え対策でもありますが、お腹の保護にもなりますのでこちらも2~3枚あると良いと思います。

3つ目は飲み物(生姜湯)
粉末の小分けの物がありますのでそういったものを選ばれると良いです。上記でも書きましたがつわりの軽減、体を温める作用がありますのでおすすめです。
ただ、単体だとボリュームがないので何かと合わせて(添えて)あげると良いかなと思います。

4つ目はボディークリーム
妊婦は肌荒れ、乾燥様々な悩みもでてきますのであると便利です。
ただ匂いに敏感になるので無香料か好みの匂いにしましょう。それと中期~後期は妊娠線の予防で妊娠クリームを塗るので、初期におすすめです。

5つ目は美顔器
こちらは後期向けになります。お値段も色々ですし、興味ある方は既に持っている事もあるのでこんなものもあるよ程度におすすめします

6つ目は空気清浄機
こちらは風邪、花粉、予防になりますし、お産後も使えます。
妊婦さんはお薬にも制限があるので飲まなくて良いように体調管理の一つとしておすすめです。
機種によっては加湿機能もあるので乾燥にも約立ちますね。
余談ですが空気清浄機だけの機能を見た場合に、玄関に置くのが一番効率的だと言われています。外から入ってくる菌が一番多いのが玄関だからだそうですよ。

7つ目はタオル
え?って思うかも知れませんが、柔らかく吸収力に優れたちょっと良い物です。
肌が敏感になるという事とお風呂上がり等も早く水分を取ったほうが冷え防止にもなりますし、夏場も汗をかいて風邪を引かないためにもあると便利です。
私だけかもしれませんけど、柔らかいのもが肌に触れているとなんだか安心しませんか?
タオルは消耗品ですのでいくつあっても困りませんからね
ということでタオルもおすすめです

8つ目は抱きまくら
妊娠後期になればなる程、仰向けだと腹部が圧迫されるため寝る時は横向きになります。
大きい物から小さい物まで、夏場はひんやりする物もありますし、カバーをセットで販売しているところもあります。
妊婦さんはよく眠くなりますからそういう時にもあると便利です。
赤ちゃんにも寄りますが1歳頃から寝相がすごくなりますので産後は赤ちゃんの横に置くことにも使えますので、長く使えるアイテムです

9つ目はCD(音楽)
クラシックやオルゴールメロディなど、妊婦のリラックス効果と胎教にも良いとされています
産婦人科(特に個人病院)にいくとそういったゆったりとした音楽を流しているところも少なくありません 待ち時間をゆったり過ごしてもらう交換もあるのではないでしょうか。

◯妊娠中プレゼントの注意点

9つあげさせていただきましたが、本当はもっとプレゼントはあります
飲み物(上記意外)、食べ物、生まれてくる子供用品、母子手帳ケース様々ありますけど
そういったものは上げませんでした。
飲み物、食べ物は注意が必要だし、何より妊婦は周り以上に気を付けています。
妻はこれが好物だからと安易にプレゼントしたけれど、妊娠中は控えなければならない物だったら?
せっかくあげたのにストレスにしかなりませんよね
飲み物も同様です。
そして生まれてくる子供用品は、出産祝いで色々頂くことが多いので必要最低限の物を用意しておいて足りない物を買った方がとても経済的です。
母子手帳ケース等に関しては、使用されるのは奥様ですので好みと違うものを買ってしまうとそれを使わなければならないとなりますので、プレゼントしたいならば、一緒に見に行ってプレゼントしましょう。

今回のまとめ

妊婦さんの状況を理解してあげることで、プレゼントは意外に絞れます。
そして理解すれば必然的に必要な物、不要な物の判断ができます。
夫婦にもよりますが、サプライズで買っていった方が良いのか?一緒に選んで買ってあげた方が良いのか? そういったことも考えて相手が一番喜ぶにはどうしたら良いのか考えてみて下さい。

私も勘違いすることがあるのですが妊婦はこういう物が必要だな、自分は優しいなと自己満足になる場合があります。
プレゼントするという気持ちはとても素敵だと思いますが、更に突っ込んで本当に必要なのか?
喜んでくれるのか?と考えてからプレゼントを検討すれば、最高の笑顔と最高の時間が待ってると思います。

スポンサーリンク

ブログ村パーツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。