1万円で買える家電製品プレゼントや景品に使える物は?

まずは、当サイトを御覧いただきありがとうございます。
予算は決めたが何を買ったらいいのかわからない
プレゼントやイベントの景品で喜ばれる物とは

今回のテーマ
◯1万円で買える電化製品一覧
◯商品を価格で選ぶポイント
◯景品・プレゼントで選びやすい物

スポンサーリンク

◯1万円で買える電化製品一覧

とりあえず買える物を上げてみましょう


・掃除機  ・炊飯器  ・冷蔵庫  ・電子レンジ  ・デジタルカメラ
・ポータブルDVDプレイヤー  ・こたつ  ・電動ドリル  
・除湿機  ・美顔器  ・血圧計   ・布団乾燥機
・コーヒーメーカー  ・ホットカーペット
―――――――――――――――――――――――――――――――――

・扇風機  ・ドライヤー、ヘアアイロン  ・ワイヤレススピーカー
・ヘッドホン、イヤホン  ・電気スタンド  ・シュレッダー  ・掛け時計
・アイロン  ・ケトル  ・ハードディスク  ・ミキサー・ジューサー
・ヒーター  ・モバイルバッテリー  ・オーブントースター
・加湿器  ・ホットプレート  ・ヘルスメーター  ・IHクッキングヒーター
・空気清浄機
1万円で買える電化製品を調べると上記以外にもかなりの物があります。

スポンサーリンク

◯商品を選ぶポイント

商品の質を考えなければ冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、掃除機と文字だけ見たら良い物なのかもしれませんけど、普段1万円で買いますか?という物もありますよね。
もらって実際嬉しいのだろうか?なんでもいいからとりあえず欲しかったということもありえますけど、喜んでもらえる可能性としては低いと思います。

必要かどうかは別とし、同じ1万円でも相場からしてヘルスメーター、ドライヤー、ケトルなら良質の物も選べますよね。

例えば、オーブントースターも安ければ3000円くらいからありますから、もう少し良い物で5~6000円ですよね これだけ出せばある程度のワット数もあり、上だけ、下だけ、フライの再加熱と一通りの機能がついてきますので自分で買うならこのくらいかなと思います。
そこにプラス4000円だとデジタル表示やオート機能といった更に便利なものになります。
なかなか壊れないものですけど、今使っているものより良い物を貰えるって嬉しくないですか?

価格という視点でみれば、相場よりちょっと上の物が喜ばれます

5~6000円の相場の物で絞ってみると上記で上げている②の郡がそれに該当します。
※モバイルバッテリーは相場そこまで高くなく、大容量でも5000円位です
②の郡でももちろんもっと高い物もあります。例えば空気清浄機は何万というものもありますが、卓上用や車載用であれば良いものが買えるという事で入れています。
商品の使用目的によって相場はことなりますがご了承下さい。

選ぶポイントとしては、実用性で選ぶのも良いのかもしれませんがもらって嬉しいというのは、自分では買わない物が意外と多いです。

電化製品ではないですが、お酒やお肉は自分ではそこまで高いものは買わないけれど、もらったら嬉しいと思うのと同じだと私は思います。

◯景品・プレゼントで選び方

相手を特定してプレゼントするのであればちょっと良い必需品か持っていない日用品、贅沢品でもいいと思います。
だからといって出先で冷蔵庫や電子レンジのようにもらっても持ち帰るだけでも大変な物は当然ながら困りますよね。
お届け出来ない場合はやはり持ち帰れる事も考えて選びましょう。

イベント景品であれば参加者に若人が多い、女性が多い、とある程度ターゲットを絞れているのであればそういったものでも良いですよね。
例えば
主婦層が多ければアイロン、美顔器
年配が多ければ血圧計
若い人が多ければ、ドライヤー、ケトル
夫婦が多ければ、ホットプレート

値段で選ぶのも良いですが、貰う人が喜びそうなものであれば相場+でなくても喜ばれる物もあります。

今回のまとめ

プレゼントや景品を選ぶのは本当に大変ですよね
今回は1万円以内の予算で買える電化製品で絞って商品を選んでみました。
予想外に種類がありますが、金額で絞るのか、相手で絞るのかで商品自体は絞れるように思います。


スポンサーリンク

ブログ村パーツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。