インフルエンザはうがい薬で予防効果はあるのか?うがい薬の作用とは

まずは、当サイトを御覧いただきありがとうございます。
インフルエンザの予防というと手洗いうがいが代表的ですが、うがい薬は予防効果があるのでしょか?そもそもうがい薬にはどのような作用があるでしょうか

今回のテーマ
◯うがい薬の効能
◯インフルエンザの予防効果
◯手洗いの効果

スポンサーリンク

◯うがい薬の効能

うがい薬というと明治うがい薬やイソジンが思い浮かぶが、ドラッグストアーのうがい薬コーナーに行くと種類も多い 先日、見に行った時もきれいきれいのハンドソープを出しているLIONが「おくちとのどのきれいきれい」という物がならんでいた。
うがい薬は実際私も見た目&匂いが苦手でうがいしつつ嗚咽が・・・
LIONのきれいきれいは効能そのままに見た目も匂いも抑えられているようなので、苦手な大人も小さなお子様も使いやそうです。ピーチ味もあるようです。

※楽天の最安値を調べたらショップが違ったので画像不揃いですみません

一応調べた限りの最安値の商品リンク貼りますが、送料も考えると、お近くのドラッグストアーでもあるので手にとって見たほうが良さそうです^^
(画像載せたかったので商品リンクはりました(笑))

まぁこういった市販薬と実は処方薬としてのうがい薬もありますが処方薬は厚生労働省の認めた医薬品なので、当然処方されなければ買えませんし、イメージとしては市販薬よりも効能が強いと思って頂ければいいかなという感じですね。

前置きが長くなりましたがうがい薬の効能です。効能は2種類あります。

スポンサーリンク

・殺菌タイプ

ポビドンヨード配合
菌やウイルスを消滅させ、殺菌する目的
うがい薬の独特の匂いはこのポビドンヨードによるものです。

・抗炎症タイプ

アズレンスルホン酸ナトリウム配合
炎症を抑え、傷ついた組織を修復する目的

市販薬は2種類と2種混合の3種類が売られています。
物により原液のままと薄めるタイプがあります。
効能と使用方法は商品説明に記載されていますので必ずご確認下さい。

◯インフルエンザの予防効果

ではインフルエンザの予防効果はあるかという本題だが、
殺菌タイプであれば、菌やウイルスをやっつけてくれますので効果がありそうにも思えます。
じゃあ、このうがい薬でのうがいをどのくらいの頻度でやればいいのでしょう?
朝昼晩と行えば効果が得られるのでしょうか?

・ウイルスの侵入

うがいの頻度を考える上で知らなければいけないことは、ウイルスが喉に付着してからの動きですよね。
ウイルスは単体では増殖はできずに、人間の体に付着しタンパク質を得て増殖していきます 鼻や喉に付着するのは付着しやすいこともありますが体内への侵入経路として適しているからです。
人間の体には悪い菌もいれば良い菌も居ます。手には常に菌が存在していて良い菌と悪い菌がバトルと繰り返しているのです。
なので、インフルエンザウイルスが手に付着したからといって、簡単に体内へ侵入するのは困難です。

鼻や喉に付着したウイルスが体内へ侵入するまでの時間それは20分と言われております。
単純にうがいを20分に一回行えば、喉からの侵入は防げますが無理ですよね。
飴を舐めたりで喉を潤したり(ウイルスは乾燥を好む)、マスクをして付着を防いいだりと、こういったことと併用してうがいを実施することで、うがいの効果を持続させることが出来ます。

結論としてはインフルエンザ予防に効果はあるが、それだけでは効果は薄いということです。

◯手洗いの効果

ちょっとついで的に触れておきますが、手洗いも予防効果があります。ウイルスのついた手で目や鼻、口に触れて直接感染を予防します。
手洗いのやり方も正しく言えばありますが、それを出来る人ってどこまでいるの?くらい大変です、ハンドジェルや消毒液での殺菌も完璧ではありません。
テレビ番組等で、手洗い後の洗い残しや菌を特殊なライトを当てて見せたりしますが、あれが現状です。
毎回10分もかけて手洗いしてられませんし、手荒れを起こしてひび割れしてそこから侵入があれば意味ありませんからね。
でも、しないよりは絶対にした方がいい!これは間違いない
手にウイルスが100ついていて何もしなければそのままですが、手洗いすれば0にはならなかもしれも知れませんが、30や20にはなりますよね。

結論としてはやらないよりやった方がいいし!効果は0じゃない!としか言えません(笑)

今回のまとめ

インフルエンザ予防といっても色々ありますが今回はうがい薬にスポットライトを当ててみました。(少し手洗いにも触れましたが)予防効果があるからと何でもやるという人も居ますが、今やっていることが正しいのか、効果的なやり方はないのか?という考え方をするのも予防に繋がると思いますので皆さんも考えてみては?

スポンサーリンク

ブログ村パーツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。