母乳しか飲まない未満児保育は可能なのか?ミルクを飲ませるコツ

まずは、当サイトを御覧いただきありがとうございます。
待機児童問題等ありますが、預けるにしても色々問題がありますよね。特に母乳で育てた未満児でミルクを飲んでくれないというのを良く耳にしますがどのように克服すればいでしょうか?母親が風邪を引くこともあるのでミルクを飲めるようにするのは、母親にとっても大切な事です。

今回のテーマ
◯ミルクを飲めない未満児を預けてみた
◯ミルクを飲ませるコツ
◯ミルクを飲ませるメリット

スポンサーリンク

◯ミルクを飲めない未満児を預けてみた

未満児は4月のタイミングが入園させやすいので、未満児を預けるという苦渋の決断でしたが預けました。
未満児は3人に1人の保育士の配置が法律で決まっているので枠がかなり限られてしまいます。余程空きがあるとかタイミングが(在園児が1歳になるとか)良くなければ途中入園は厳しいです。
ということで4月入園を決めたのですが我が子、ミルクを全然飲んでくれないのです。
母乳を冷凍して持っていくことも可能ですがかなり厳密な管理が必要ですし、量を確保するのも大変です。

預けた結果・・・

園ではミルクを飲んでくれました・・・え?
原因はわかりませんが、「お腹空いて哺乳瓶で上げたらいっぱい飲みましたよ」って
( ゚∀゚)<え~~~ ですが飲んでくれたのなら安心です。

大人でもお腹空いて何もなければ有るもの食べるのと一緒なのかな?
保育士に聞くと家で飲まなくても園で上げると飲むようになる子は多いそうです。

◯ミルクを飲ませるコツ

・保育園、保育士に相談してみて

入園前に相談したとき「ミルク飲まないのですが」という相談をするのは当然なのですが、保育園側は「飲むようにして下さい」という当たり前の回答をしてきますね 実際にそう言われました。きついかも知れないけど子供の為でもありますし、保育園も簡単にいいですよ~なんて事も当然言えないですからね。
保育園側としてもミルクを飲む状態で預けてもらえれば一番良いのです
まず同じ相談をするとしても飲ませる為の相談をしてみて下さい。
保育士もプロなので飲むようにして下さいというだけでなく聞けば色々とアドバイスをしてくれます。もし時間があって園がOKであれば園でミルクをあげるところを見せて貰うというのも良いですよね。
何か裏技が有るかもしれないですよ(裏技はないですけど)子供の体の角度頭の上げ方などちょっとしたことで飲んでくれるようになるかも知れません。

・ミルクの種類を試す

ミルクは一度飲んでくれると、余程嫌いな味でなければ種類が変わっても飲んでくれます。
でもその一度が大変ですよね
色々な会社といっても数社ですけど種類がありますので種類を揃えて飲み比べをさせてみる。当然ママの母乳が一番好きなのでそれに近い味があれば赤ちゃんも飲みやすいです。

スポンサーリンク

・哺乳瓶の口

哺乳瓶のメーカーも数社あります。売り場に行くと哺乳瓶の口が数種類売っておりますので試す価値はありです、大人からしたら一緒だろ?と思いますが赤ちゃんの小さな口からしたら大違いなのです。
飲むようになってからのポイントなのですが、飲むけど量をあまり飲まないという事がありますが、口の穴が小さいと当然出にくいので、飲むけど疲れて辞めちゃうということもあります。大きい声では言えませんが、爪楊枝を刺して穴を広げてみたり・・・ちょっと切り込み入れて出る量を微調整したら良く飲むようになったことはあります!
なので、口の形と出る量は気にしてみても良いと思います。

・ミルク以外で慣れさせる

味の面で飲まないという事もありますので、お茶や白湯を飲ませてみる
白湯は4~5ヶ月頃から飲ませても大丈夫ですし、生後1ヶ月から飲ませることができるお茶もありますので、母乳以外の味に早めに慣れさせておく事もいずれミルクを飲ませるとなった場合に有効です。

・温度管理

ミルクの温度は38~40度が適温と言われています大人の体温よりちょっと高めですね、赤ちゃんの体温は大人より2度くらい高いので赤ちゃんの体温+αというところです。
室内は空調機である程度一定ではありますが、真夏と真冬では差がありますし、赤ちゃんだって寝起き、風呂上がり、ギャン泣き中、睡眠中で微妙に体温も違います。
極端な温度差があってはいけませんが1~2度調整してみて赤ちゃんが飲みやすい温度を見つけてみてはどうでしょうか。

◯ミルクを飲ませるメリット

ミルクを飲ませずにそのまま離乳食に入り断乳というパターンもありますが、ミルクを飲めるようにして置くと色々なメリットがあります。
※ミルクを飲ませるメリットであり、母乳を飲ませない方が良いという訳では無いので誤解が無いようお願い致します。

・母親が休める

第一がこれですよね 新生児は2時間置きに寝る間も惜しんで授乳させるわけですからこれが4時間に一回になればそれだけでも休めるわけです
単純に2時間置きって、授乳して家族の食事の準備をして授乳して食事して片付けて授乳してお風呂入れて授乳して徐々に間隔は長くなりますけど、それでも大変なことですよね。

・病気の時

ママも体調を崩すことだってありますよね 薬を飲めば授乳できないことだってあります(薬によってですが強い薬は特に)
ママを休めることにも繋がりますが、こういった時にミルクを飲めるようにしておげば安心ですよね。

・栄養

母乳は初乳から徐々に薄まってきます、いつ(何ヶ月)を境にというのは難しい問題ですがやはり栄養面も気になります。ミルクは安定して栄養を取ることができますので安心ですね。
※誤解が無いよう補足しますが、母乳にはミルクには無い免疫効果があります。母乳濃度が下がることで免疫成分が消えるわけではありません(初乳にしかない成分もあります)

今回のまとめ

「ミルクを飲ませる」と文字で見ると簡単そうですが、実際に飲ませてみると何で飲まないの!?と会話ができない相手にヤキモキしますよね ですが必ずと言っていいほど飲むようになりますので最初は大変ですが色々試して見下さい。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。