成人式の準備はいつから?ネイルはいつする?着付けの予約はいつ?

成人式といえば美しい振り袖や、それに似合う髪型だけでなく、最近ではメイクやネイルなんかもプロに頼む人がいますよね!
人気の振り袖は早く売切れるでしょうし、美容院も人気のお店だと予約が殺到し、早朝どころか前日や深夜に着付けをしてもらうことになる人もいるみたいです。
そうならない為の、成人式の準備についてみていきましょう。

もくじ
○成人式の準備はいつから始める?
○成人式用のネイルはいつするのがベスト?
○着付けで美容院の予約はどれくらい前にする?

スポンサーリンク

○成人式の準備はいつから始める?

成人式の1年以上前に、振り袖の案内のはがきやカタログが届くと思います。
まだ1年以上先なのに早すぎない…?なんて思っていると、出遅れますよ!
案内が来たら行動開始!
まずはレンタルか購入かを決めておきましょう。

成人式用の振り袖は、成人式を迎える1年前の秋ごろに新作が発表されはじめます。
2018年の1月に成人式を行う人であれば、2016年の10月頃ですね。
早い…!!!!
そして、年明け(例で言うと2017年1月)には出揃うので、1~3月が、レンタル予約や購入をするのに最適です。
1年がかりなんですね!

とはいえ、購入やレンタルによって準備の時期が異なります。

振り袖を購入する場合、仕立てのみならそこまで時間はかかりません。
が!あまり悠長にやっていると前撮りの時間がなくなってしまったり、当日の着付けの予約が進まなかったりと諸々影響が出るので、早めの購入をオススメします。

早めに購入すると、割引などの特典もあるのでお得です。
特典は、振り袖そのものの割引、小物の割引、着付けやヘアメイクのサービス、前撮りの割引や○枚無料など、お店によって異なります。
契約順で時期や人数に限りがある場合が多いので、やはり早めに購入して損はありません。

私は振り袖購入派でした。
結構早めに購入したと思います、もう結構昔のことなので時期は忘れてしまいましたが…
で、提携している写真スタジオで前撮りの着付けとヘアメイク、撮影が1~2枚無料でした。
とはいえ撮ってくれるポーズは10個ぐらいあったので、結局7~8枚くらいをアルバムにしてもらったので、その分のお金は払いました。

写真って、「○枚しか買わない!」という意思がめちゃくちゃ強い人じゃないと、結局予算オーバーになってしまいます。笑
ですから、ヘアメイクや着付けが無料になるのはかなり大きいですね!
特典は大いに利用すべきだと思います。

レンタルの場合、サイズやデザインに限りがあるので、購入以上に早い者勝ちという部分が大きいです。

カタログや案内状に使われているデザインや芸能人がデザインしたものなど人気の振り袖は、レンタルが開始されるとすぐに予約されてしまいます。
のんびりしていると余りものしかなくなってしまいますよ。

また、身長が155センチ以下、170センチ以上など普通より背が低かったり高かったりする人は、特に早めの予約をオススメします。
これらのサイズはもともとの用意が少ないので、のんびりしていると普通の振り袖以上に選択肢がなくなってしまいます。

着物は洋服よりもサイズの融通が利きますが、それでも身長±5センチくらいが限界。
小柄さんや長身さんがサイズの合わない振り袖を着ると、見栄えが悪くなってしまいます。

というわけで、振り袖の案内が来たら準備開始、予約や購入は成人式の1年前から行いましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

○成人式用のネイルはいつするのがベスト?

振り袖が決まったら、着物の色や柄に合ったネイルで指先も美しく飾りたくなりますよね。
ネイルはいつ頃やれば良いのでしょうか?
当日はぜっっっっっったいに!無理ですよ!
ネイルは時間がかかるし、着付けなどの時間もあるのでそんな余裕ありません!

じゃあいつ?ということになりますが、これは自分の爪の伸びるスピードを考慮し、成人式当日から逆算してください。
成人式は毎年1月上旬、成人の日がある三連休のどこかで行われますよね。

学生さんで時間がある人や、社会人でも時間が取れる人や、夜遅くまでやっているサロンが近くにある人は、三連休の直前に行うことをオススメします。
ネイルがキレイな状態で当日を迎えることができます。
しかし、その時期にネイルを行いたい人は当然多いので、予約は早めにとってくださいね。

それより前になると、年末年始で休みのネイルサロンもあるので、12月後半、年末ぎりぎりに行うと良いですね。
クリスマスのデートにもキレイなネイルで行けちゃいます!
が、その場合、成人式当日まで2~3週間は時間があいてしまうので、爪が伸びるのが早い人は伸びても問題ないデザインにするなど、妥協が必要になってきます。

前撮りのことも考えると、2回ネイルをしなければならないので、お気に入りのデザインで付け爪を作るのも良いかもしれませんね。
成人式だけでなく、結婚式などにも使い回せてお得ですよ。

○着付けで美容院の予約はどれくらい前にする?

振り袖、ネイルが決まったら当日の着付けやヘアメイクの予約です。
着付けは1時間半~2時間くらいかかります。
そこに、着付けの場所から成人式の会場までの移動時間もプラスされるので、何時に着付けを始めなければいけないかは逆算すればわかりますよね。

振り袖は重いし苦しいし着慣れないので、あまり早い時間から着ているのも大変です。
ですから、6時7時くらいが1番人気の時間帯で予約が殺到します。
予約争奪戦に負けると、5時、4時…ひどい場合深夜の2時半とか3時から着付けを行わなければなりません。

2時半から着付けって、2時半に起きれば良いわけじゃありませんよね…
更に成人式当日、式の後に同窓会などがある場合は…どうなっちゃうんでしょう><
体壊しそうですよね…
かといって遅い時間の予約では、式に間に合いません…

美容院の予約も振り袖同様、だいたい1年前から開始することが多いです。
振り袖を決める時に、美容院も一緒に予約をしましょう!
美容院によっては半年前、というところもあるので確認してくださいね。

また、時間や値段も大切ですが、いつも通っている美容院とは別の美容院で着付けなどを行う場合は、口コミを聞いたり、実際に自分も足を運んだりしてお店や店員さんとの相性を確認しましょう。
更に言うと、事前に振り袖の色やデザインを確認し、希望の髪形などを打ち合わせしてくれる良心的なお店を選んだ方が良いです。
当日は美容師さんも忙しいですし、普段在籍していない人が派遣されてくることもあるので、打ち合わせがないと希望通りの髪形や帯結びがしてもらえない場合があります。

私は小学校の頃から通っていた友人のお母さんの経営する美容院で着付けをしてもらいました。
前々からお願いしていたので、最優先で式に余裕をもって間に合う1番良い時間にしてもらえましたし、キツいのが苦手と言ったら帯も楽に結んでくれました。
こちらからの注文も少なくはないので、色々と希望通りにしてもらうには信頼関係は大切だと思います。

まとめ

成人式の準備で大切なのはスピードです。
振り袖選びからネイル、着付けの予約まで全て「早い者勝ち」だと言うことを忘れてはいけません。
一生に一度の大切な1日をより快適に、より輝いて過ごすためにも、早めの準備をお個ただ内容にしてくださいね!

スポンサーリンク

ブログ村パーツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。